ハイジニーナ脱毛 vioライン

ハイジニーナ脱毛=VIOライン脱毛

VIOライン脱毛は別名でハイジニーナ脱毛とも呼ばれている欧米で一般的に行われているアンダーヘアの処理方法で、古い時代から現代に至るまで局部を清潔にする方法として広く用いられてきました。

 

このVIOライン脱毛では短くヘアを揃えることはしないで、アンダーヘアをまったく残さず全てを落とすということを目的にしており、こうしたスタイルは海外だけでなく国内でも徐々に浸透しつつあります。

 

ハイジニーナとは英語のハイジーン(hygiene)からきた言葉で、日本語では清潔な状態という意味となっています。つまりVIOライン脱毛=ハイジニーナ脱毛は、局部やその周辺を清潔な状態で保つことができるというメリットがある処理方法となるのです。

VIOラインとは

VIOラインへの脱毛は近年になりアメリカのハリウッドなどで人気女優がその姿をさらけ出したことでも大きな話題となりましたが、より詳しい処理箇所について説明すると、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部周辺の縦のライン)、Oライン(肛門周りの丸いライン)などが当てはまります。

 

これら3ヶ所をまとめてVIOラインと呼んでいるのですが、いずれもムダ毛が多くあると湿度が高く雑菌が繁殖しやすい環境となり、また頻繁にお手入れをしないとすぐに目も当てられないような状態になります。

 

こうしたVIOラインの処理のデメリットはハイジニーナ脱毛ですべて解決することができ、またこの脱毛法では必ずしも全てを処理することもなくこちらの要望に沿って残したい箇所のアンダーヘアは残すということも可能になります。